トップページ

 

 当初、西会津町授産場は第二次世界大戦後の戦争引揚者や、地元尾野本村の人々が中心となり、共同で働く場所を作ろうということで昭和22年に発足しました。
 昭和25年、財団法人尾野本羊毛加工授産場寄付行為の認可を得、当時盛んだった羊毛加工を中心に事業の展開をはかりましたが、高度経済成長下においてはそぐわない社会構造になってきたため、昭和32年に事業内容も羊毛加工から製函の製造販売へと移行し、昭和48年には財団法人西会津町授産場と改名いたしました。
 昭和50年施設が老朽化したため、自動車振興会の補助により改築工事を行い、就業能力の限られている方々の自立厚生の場がさらにひろげられました。昭和54年に社会福祉法人の認可を取得し、現在は社会事業授産、就労継続支援B型事業、共同生活援助事業を運営しています。

 西会津町授産場のみんなと一緒に作業したい方、電話でお問い合わせください。町外の方については、送迎も行っておりますのでご相談ください。

 

 

主な行事の様子

 



 

春の避難訓練・花見(平成31年4月19日)

 今回は、新施設長の歓迎会も兼ねて、花見の食事会を行いました。理事長も駆けつけてくださり、ご挨拶をいただきました。食事のあとはカラオケでを歌ったり、ダンスを踊ったりするなどみんな楽しんでいたようです。

 

 

 

 



 

社会見学会(令和元年6月7日)

 今年初めて、みんなが希望していたボーリング大会を開催いたしました。念願のボーリング大会は予想以上に盛り上がり、最後に成績発表を行い、後日入賞者をはじめ参加者全員に素敵なプレゼントが施設長より配られました。昼食は、会津若松市にある黄鶴楼にて中華料理を食べ、その後福島県立博物館へ行き、紙すき体験を行いました。その後、館内を案内していただきながら、「草木をまとって山の神様」に、以前参加した施設長の大きなパネルの前で記念写真を撮っていただき、末広酒造を見学して帰ってきました。充実した1日となり、みんな満足そうでした。

 

 

 

土用の丑の日会食会(令和元年7月26日)

 今年も、夏バテ予防のため、ロータスインのバンガローをお借りしてバーベキューを行いました。施設長の挨拶のあと、利用者の掛け声で乾杯を行い、暑い中でのバーベキューがスタートです。各班に分かれてみんな和気あいあいと親睦を深めながらバーベキューを楽しみました。たっぷり汗をかいた後は、温泉に入ることもできます。日頃の疲れをとって、また作業を頑張ってもらいたいです。

 

作業所見学:NPO法人くるりんこ「ステップボード」

大江戸温泉物語 ホテル壮観 宿泊

仙台うみの杜水族館

昨年の研修旅行(令和元年10月2日~3日)

 今回の研修旅行は、喜多方市にあるNPO法人くるりんこ「ステップボード」を見学しました。リサイクル作業を中心に作業されている様子を見学したあと、宮城県の松島にあるホテル壮観へ泊り、翌日には松島遊覧船に乗り焼きたての牡蠣を頂き、その後かまぼこ焼き体験をしたり、塩釜卸市場で買い物をして、東日本大震災で被害のあった荒浜小学校を見学して帰ってきました。

 

※写真の掲載については、みなさまの同意を得て掲載しております。

★各種行事★

    ・7月9日(木)~10(金)  社会見学会「東山温泉 ホテル 東鳳」 1泊

※今年度は、新型コロナウイルス感染症予防対策のため、各種行事がとりやめとなり、今年度初めての行事開催となります。

 

 新着情報

     ・グループホーム西原寮1名(男性用)空きありです。

          お問い合わせ先:西会津町授産場 事務員 熊倉まで TEL 0241-45-2664